【WordPressカスタマイズ相談】現役プログラマが解決策を教えます

WordPress(ワードプレス)のお悩み、うまくいかなくてお困りなこと、不具合調査、新規制作依頼まで、ウェブアプリケーションエンジニアがあなたをサポートします。

固定ページについて

固定ページはWordPressのブログ記事から独立したコンテンツ

固定ページとは、投稿ページ(ブログ記事)とはまったく別のコンテンツです。
日付やカテゴリという概念がない、単独なページになります。
このような特徴を持つため、会社概要やお問い合わせページとして利用されることが多いです。

また、比較的浅いページ階層に作られるため(URLが長くならない)、ユーザーが探しやすいページになってきます。探しやすい・見つけてほしいページということで、ナビゲーションメニューの1つのメニューとして配置されます。

固定ページだけで会社のホームページを作られる方も多くいらっしゃいます。

固定ページはどのような処理を行っているか

テーマによって処理が異なりますので、一般的な構成についてご説明しようと思います。

▼ヘッダーの呼び出し
▼タイトルの表示
▼本文の表示
▼メニューやサイドバーの呼び出し
▼フッターの呼び出し


最近はファイルの分割を行って、content-xxx.phpといった外部ファイルで本文部分を出力するテーマもあります。なかなか出力箇所がみつからないという方は、content-xxx.phpなどのファイルがないか探してみるのが良いでしょう。

ブログ記事の処理(single.php)とほぼ同じような処理を行っています。


固定ページファイルの場所について

page.phpというファイル名でテーマフォルダに格納されています。

場所はテンプレートフォルダの中にあるはずです。
ご自身で修正・カスタマイズを行いたいときはこのpage.phpを変更すると良いでしょう。

wordpress/wp-content/themes/[選択中のテーマフォルダ]/page.php

トップに固定ページを表示させる

ダッシュボードで [設定] - [表示設定] の フロントページの表示 という項目で、固定ページの内容をTOPに表示させることが可能です。

通常、トップページには記事の一覧が表示されますが、前述の会社用ホームページのような場合はブログ記事がないため、トップの表示が間抜けになってしまいます。

フロントページに固定ページを選択することで、そのようなことを防ぐことができます。

ちなみに選択する固定ページは、
もっともアピールした事業や商品、言葉などを固定ページとして作成すれば良いサイトになっていくはずです。

親ページを子ページで階層を管理

固定ページ同士で親子関係をもたせることができます。
ページ階層を親子関係の設定をすることで簡単に実現できますが、なかなか説明が難しいので具体的な内容でご説明します。


事業案内の固定ページを作成し、[スラッグ]に「service」を設定します。
アプリ開発事業の固定ページの[スラッグ]に「app」、[ページ属性]の親に「事業案内」を設定します。
この手順で固定ページ「事業案内」の下に「アプリ開発事業」や「ホームページ作成事業」といった親子関係を作ることができます。

URLも

/service/app
/service/homepage

のようにすることが可能です。

カテゴリや日にち、タグと変わって、この点がブログ記事と大きく異なる箇所ですね。

テンプレートを変更できる

特定の固定ページだけ、サイドバーなし1カラムでペライチページを作りたいなどといった要望をかなえることができます。
ダッシュボードの固定投稿ページの編集画面の右側に[テンプレート]という項目があります。
その中にテンプレートのパターンがあるので、自分の希望のテンプレートを選択しテンプレートを変更します。

テンプレートを独自カスタマイズできる【WordPressPHPの連携】

PHPプログラムで作成したスクリプトWordPressに組込みたい場合、
ショートコードプラグイン等で対応することはできるのですが、
エンジニアでない方には難易度が高い作業となります。


WordPressショートコード・プラグインの相談・開発を受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。

wowme.jp


ただPHPのコピペくらいで自分でカスタマイズしたい!という方もいらっしゃるはず、そんな方は下記の要領でご自身でカスタマイズしてみてください。思った以上に簡単にできるのではないかと思います。


★フォームを作成しGETパラメータを送信して計算や処理を行う★
PHPフォームやGET送信などは、適当にググってサンプルコードを取ってきてください)

ダッシュボードから固定ページの[スラッグ]をsimulationとした場合、
page.phpを複製し、ファイル名をpage-simulation.phpとすると自動的にWordPressが複製した方のテンプレートを読み込みにいきます。


page-simulation.php の中身にPHPスクリプトを記述するだけで、
簡単にカスタマイズテンプレートを作成することができるんですね。

固定ページの独自テンプレート→page-スラッグ.php



概念を知ることができれば、意外と簡単にカスタマイズできていきます。
もっと細部な箇所に関しては今後追記していきます!

広告を非表示にする