【WordPressカスタマイズ相談】現役プログラマが解決策を教えます

WordPress(ワードプレス)のお悩み、うまくいかなくてお困りなこと、不具合調査、新規制作依頼まで、ウェブアプリケーションエンジニアがあなたをサポートします。

Node.js用パッケージマネージャーnpmより互換性があるYarnが速い

f:id:jsaz:20171024213749p:plain

読み方はヤーンでいいかと思います。
Facebookが2016年10月に開発したnpmに変わるパッケージマネージャーです。

メリットは「はやい」、これからはnpmよりyarnがおすすめです。


yarnのインストール

npmを使っている方はすでにnode.jsをインストールしているかもしれません。
通常のyarn installはnodeも合わせてインストールしてしまうので注意が必要です。

・nodejsも含めてインストールする場合

$ brew install yarn

・nodejsを除外してインストールする場合

$ brew install yarn --without-node

公式サイトにはmac以外の手順も記載されています。
Installation | Yarn

yarnのいいところ

公式サイトトップの見出しにもある通り
Ultra Fast.
npmより処理スピードがはやいそうです。

どのくらいスピードが違うかを比較しているサイトもあるので貼っておきます。

nekonenene.hatenablog.com

GitHub - appleboy/npm-vs-yarn: npm vs yarn install speed testing.

blog.oharagroup.net

レジストリからパッケージをダウンロードするときはyarnがわずかに遅いです。これはnpmもレジストリを保持しているということと関係しているかもしれません。

yarnは過去に1度でもダウンロードしたパッケージはキャッシュされるため、yarnはnpmを大幅に上回ります。

レジストリからのダウンロードやグローバルパッケージキャッシュからのコピーが必要ない場合、npmがyarnよりも5倍くらい長くかかる結果となりました。


キャッシュするからはやいんですね。


また
信頼性があり、セキュアである、ともアナウンスされています。

見た目で違うのはnode_modules内の構造とyarn.lockというファイルが生成される点です。

yarnを利用すると、yarn.lockというファイルが生成されます。
このファイルによりインストールバージョンを固定することができるため、他の仮想環境でもまったく同じの構成を構築することができます。

インストールも簡単、コマンドも調べるとすぐに出てきます。
メリットが多いので是非使ってみてください。