【WordPressカスタマイズ相談】現役プログラマが解決策を教えます

WordPress(ワードプレス)のお悩み、うまくいかなくてお困りなこと、不具合調査、新規制作依頼まで、ウェブアプリケーションエンジニアがあなたをサポートします。

さくらインターネットからロリポップへお引越しを検討(2016年)

さくらのレンタルサーバー「スタンダード」プランを契約していました。
今月末が更新月でたまたまクレジットカードの期限切れで自動更新されていなかったので、コスト見直しをしてみました。

いくつか条件があったので、それらを満たしたレンタルサーバーを選んでいきたいと思います。


cronが使いたい

VPSなら自由に使えるこの機能。
共用サーバーだとそもそも使えなかったり、回数制限があったりします。
どの会社も最安のプランは対応していません。

現状、運営サイトのPV数の集計、WordPressの自動投稿、twitterへの自動投稿の3つをcronで行っているので最低でも5つは設定できるプランを選びたい。


SSH接続でターミナルから操作したい

こちらも共用サーバーではなかなか対応していないものです。
エックスサーバー
公開鍵認証で初心者には設定が面倒かもしれませんがセキュリティ面が良さげです。

どの会社も共用サーバーとなるとコマンドの制限があるので、細かく調べる必要があります。


予算は月300-700円

さくらインターネットのスタンダードプランは年間一括5,142円でした。
おそらく消費税増税前のプランから引き継がれたので、今サイトに上がっている料金とは違うみたいです。

よく見つかるのが300円レンジと500円レンジでした。
月300円だと年間3,600円、随分安くなりますが機能面で劣ってしまいます。
CORESERVER.JP
CORE-Aプランが年間5,142円で良さげです。

500円だと年間6,000円、年間だともう少し安くなりますが機能面の現状維持を考えると仕方がない感じです。
ドメイン料もあるので、年間10,000円に抑えたいというのがひとつのボーダーです。


ロリポップのスタンダードプラン

いろいろ調べて辿り着いたのがこれ。
3つの条件は完全に満たせていました。
SSDで120GB、転送量100GB/日ですし、容量やアクセス数に関しても問題ないです。


初期費用無料のキャンペーンもあってた気がしましたが、残念ながらそのタイミングではなかったので
1年間で6000円+初期費用1500円が掛かりました。

ここで1円でもお得に契約するからくりのご紹介です。
A8.net
から ”セルフバック” を使って申込みをすればいいのです。

私がロリポップの契約を行う時期の成果報酬は
スタンダードプラン(1〜12カ月契約) ご利用料金の60%
でした。

つまり、1年契約なら3,600円戻ってくる計算になります。
※初期費用は含まれないそうです。

まだA8.netに登録されていない方は是非この機会にご登録してみてはいかがでしょうか。
※登録は無料です。








ちなみに少し前に1年間無料だし勉強にと思いAWSでサーバーを構築してみました。
独自ドメインを割り当てたのでroute53に月60円程払っています。。。
これもいずれロリポへ引っ越しです

この記事は
元パソコンスクール講師が教えるEXCELとACCESSお仕事活用ブログ : さくらインターネットからロリポップへお引越しを検討(2016年)

こちらの記事から移行された記事です。

広告を非表示にする